Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記。ビットコイン。

FF14 Patch4.4のレイド 『アルファ編零式』の野良が魔境化してしまう原因

ファイナルファンタジーXIVの最新レイドである「次元の狭間オメガ零式:アルファ編」

今回、シグマ零式と比べて、野良パーティが「魔境」になってしまう事が多い印象ですし、そういった声も多く聞かれます。

 

f:id:bettergear:20181023132802j:plain

 

原因1:(DPSジョブにとって)シグマ編零式の2層と4層が簡単すぎた

パターン化され、決まった通りの動きをすればあとは殴りっぱなしというシグマ編の零式2層が簡単だったため、ランダム要素が存在した上で、なかなか容易にボスを殴れる状況にならないアルファ編零式2層はギミック処理とレイドDPSの維持という両面で数段上の難易度だと言えるでしょう。

このため、シグマのノリでアルファ零式に来ると、痛い目に遭うという人も多いのではないでしょうか。

 

 

原因2:シグマ編零式の後期にクリアした人達の認識の甘さや誤認

原因1でも書いたようにシグマ編はそこまで難しくありません。

このため、平均アイテムレベルが370近くなった頃にシグマ零式をクリアした方々がそのままアルファ編零式に来た時に、早期で零式を攻略する事に対しての準備が不足している事が見られます。

例えば、新式装備を禁断していなかったり、IL370のまま装備をほとんど更新していなかったり、本来必要とされるスキル回しが出来ていなかったりする人がいます。

こういった人がパーティに複数人いるだけで、一気にクリアからは遠のいてしまいます。

特に、シグマ零式を後期に攻略した人で、自分の火力は足りていなかったけど、他のメンバーが高火力だったので出荷気味にクリアしたという人は要注意です。

 

 

原因3:パーティ募集文の解釈の仕方がバラバラ

例えば、練習パーティで「時間切れ練習目的」と書いてあったらどう解釈するでしょうか?

ある人は「既に時間切れを経験している人が時間切れを安定させる練習」と解釈するかもしれないですし、ある人は「まだ時間切れを見ていない人が時間切れに到達する練習」と解釈するかもしれません。

また、時間切れを見たからもうクリア目的に入るという人も魔境化させる原因で、クリア目的というのは『ギミック処理が安定しており、なおかつ必要な火力は出せる自信がある』という人が参加する募集です。

パーティ募集文の情報があまりに少ないと、様々な練度の人が集まってしまって魔境と化す可能性があります。

 

 

原因4:デルタ、シグマ、絶を経て固定パーティが増えた

デルタ編、シグマ編、絶シリーズを経た事で、固定パーティがかなり増えたというのもアルファ野良魔境化の原因です。

絶を一緒にクリアした人達でまた集まってレイドを攻略するのって結構自然な流れですよね。

このため、そもそも野良から実力の高いプレイヤーの人数が減少してしまった事も、アルファ編での魔境化に繋がっていると言えます。

 

 

原因5:新規プレイヤーの増加とシステム面でのサポート不足

FF14は紅蓮のリベレーターで、戦闘システムをすっきりとさせ、コンテンツの難易度も少し下げて、やりやすくなったと思います。

このおかげでプレイヤーも増加したようで、FF14にとっては良い事ですが、同時にレイド不慣れな人も増えたという事を意味します。

FF14には初心者向けの解説はあるものの、零式のような高難易度のレイドコンテンツでの立ち回りを説明してくれるものはゲーム外にしかありません。

したがって、初めて零式レイドに挑戦するという人は、自ら攻略サイト等を訪れたり、動画を見る等したり、あるいは知り合いから教えてもらう等しなければ、なかなか零式での動き方を学ぶ事ができません。

このため、募集文の解釈であったり、装備が全然基準以下というような問題が起こるのだと思われます。

 

 

原因6:コミュニケーション不足

あくまで筆者の主観ですが、レイドを初攻略する際は、予習していようがいまいが、相談は不可欠です。

疑問点を質問したり、他の人にアドバイスしたり、気になった点を言ってみるという事が必要です。

なぜなら、自分以外のキャラクターはコントロールできないからです。

 

しかし、ノーマルのレイドではそもそも相談なんてする事はありません。

ですので、零式でギミック処理等の話し合いをする事に慣れていない人もいます。

そういった人は、零式で初攻略をするなら他のメンバーと相談をする事になる可能性があると心得ておく必要があります。

 

全滅した後、何が原因で攻略に失敗しているのかをうやむやにしたままでは同じことの繰り返しになります。

魔境になる原因の一つには、パーティメンバー同士で相談をしていないというのがありますし、そもそもギミックへの理解度が不足していて話し合いにすらならないという事もあるようです。

 

 

 

FF14 アルファ零式4層のアーカイブオールの安置を速攻で見つける方法

アルファ零式4層のアーカイブオールのギミック、急がないと距離減衰で死にます。

アームも早く壊さないといけないし。でも安置がわからんぞ・・・という人向け。

 

 

ボスの背面に回ります。

この時、ぐるぐるの色を同時にチェックします。

背面に回った後、外周を向き、外周側へ移動を開始します。(カメラも外周に向けてください)

オレンジなら左が正解、青なら右です!

 

 

f:id:bettergear:20181020063626p:plain

 

わかりにくいですが、青のぐるぐるで、ボスが矢印の方向向いてる上図のようなパターンであれば、赤い丸をつけたあの場所が安置です。

 

ボスの背中には白い羽みたいなのがうようよしてるので、それ見て背面だとすぐに判断したいですね。

 

さあまずはクリア動画を見て、イメトレしましょう。

ボスの背面に回ってから外周を向いて、移動開始

オレンジなら左~、青なら右~

 

 

ちなみにこの解法、ワールドファーストのEntropyの動画を見ていたら、「Orange Left」って言っていてなるほどと思って採用しました

FF14 アルファ零式4層のアーカイブアーム わけわかんねーという時

アルファ零式4層のアーカイブアーム。

全部記憶するという猛者、カンペ見ながら正解を探す人、VCに頼る人、色々いるとかと思います。

 

何も見ずに自力で楽に安置を探す方法ないの?

 

まず、全てオレンジなら東全て水色なら西は暗記してください

 

つまり、全色揃ってない時に残る正解は4つのどれかという事です。

 

全色揃ってない事を確認します。

そうしたら、一番左のぐるぐるを見てください。

左のアームがオレンジ色の時、安置は北側にあります。

 

真ん中のアームがオレンジ色の時、安置は東側にあります

 

 

もうこれだけ覚えればOK。オレンジじゃなければその逆だという話です。

 

このギミックに真ん中だけが違う色というパターンはありません。

全色揃ったやつは青ー西、オレンジー東と簡単に暗記できます。

 

 

実はこのギミック、全部色が揃っていない事を確認したら、左と中央だけ見れば安置がわかるんです。

 

選択肢は4つであり、南北、東西でわければ2択x2を考えればいいだけです。

予め南北に動き始めていれば、先に誰かが正解を発見してそっちに行くようならついていけばいいですし。

しかも10秒近い余裕があるので存分に考えられます。

 

例えば、「全色揃ってない!一番左は青だ、なら安置は北ではない。真ん中はオレンジか、じゃあ安置は東側か」という段階で踏むことで南東に行き着きます。

 

違うパターンなら、「全色揃ってない!一番左はオレンジだから北だ、真ん中は青だから東ではない、北西か!」ってな感じ。

 

もちろん、全部記憶できるならそれにこしたことはありません。

また、固定PTとかなら頭の回転が半端ない人についていけばいいですね。

 

FF14アルファ編零式4層前半突破に必要な火力の目安。タンクLB法は未クリア者にはオススメしません!

FF14アルファ編零式4層前半を超えるために必要な火力の目安とHPのボーダーライン

※近接LBを使う事前提

 

ボスHPのボーダーライン

分裂するまで

44%以下

※確実と言えるラインは40%以下

 

 

1回目の連携W終了時

50%以下

 

 

2回目の連携W終了時

29%以下

  

 

最後のメテオ+サジタリウスアロー開始時

2体のHP合計が20%以下

 

 

 

タンクLB法について。

メテオをタンクLBで乗り越える方法がありますが、前半未クリアの人にはおすすめできません。

確かにタンクLBで凌げば、その後のギミックでバフが残っているので安心できますが、よほど火力に余裕があるパーティでない限りはむしろ難易度を上げる可能性があります。

全員IL400以上の武器だ!というパーティならタンクLBで良いと思いますけど。

 

 

DPSの数値については構成によってかなり変化しますが、

黒で7000程度、忍者や竜騎士で6000を少し超えるくらい、侍やモンクで6700↑といったあたりを狙いたいところです。詩人は5800以上。

赤や召喚は6300~を目指したい所。機工士も6000↑だと良い。

タンクだと4000超えたいですし、ヒーラーは2200以上は最低でも出したいです。

ただし、攻略法やジョブ構成によって大きく変化します。

 

同じグループでどう構成するかも重要です。竜騎士と組むならもちろん詩人が良いでしょう。忍者の場合は詩人よりもキャスターと組むべきです。

忍者のだまし討ちのようなスキルは、もう一人のDPSが高火力の方がシナジーが良いので、同グループをキャスターにすべきです。

また、ボスを安定して攻撃できないようなギミック処理の場面でバトルリタニー等の強化バフを無駄遣いしないように注意しましょう。

 

 

野良パーティではこの前半で詰まってしまう事も多いかもしれません。

4層木人を安定して壊せるような装備、シナジーを意識し、ギミックを処理しながらボスをしっかり攻撃できるプレイヤースキル、さらに、零式4層を突破するという強い意志と集中力が必要不可欠になるでしょう。

 

 

シナジーバーストのタイミング

開幕後

1回目のサイコロフェーズが終わった後

(※ボス同士が遠く離れている時は中央に戻したタイミング)

1回目のメテオ+サジタリウスアローが終わったタイミング