読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Échec Complet

たぶん日記だと思います

トータル・イクリプス PCゲーム 感想

ゲーム レビュー

マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス」のPC版をクリアしました。

 

はっきり言ってつまらないです。

細かいことを言い出したらキリがないですが、マブラヴ オルタネイティヴのような面白さはトータル・イクリプスの中核となるシナリオには皆無です。当たり前といえば当たり前。テストパイロットの話なんだから。

 

最終盤の「桜花作戦」とトータル・イクリプスのPC版に収録されている「帝都燃ゆ」だけは、それなりの面白さがありました。その2つに関しては価値があると思います。桜花作戦は言わずもがなオルタネイティヴにも密接に関わる内容ですし、帝都燃ゆには煌武院悠陽や月詠、小沢中将が出てきますので。ぶっちゃけその2つだけでいいんじゃないかとすら思える。

 

トータル・イクリプスをプレイして一つわかったのは、かつてのマブラヴ オルタネイティヴは声優の実力、キャスティングディレクション、このあたりが本当素晴らしかったということです。

そういう意味では、このトータル・イクリプスは幾分劣る。ミスキャストというキャラも、実力不足だろうという人も片手じゃ数えきれないくらいいる。

 

しかし、それよりも全体的なストーリー自体はThe Day Afterすら数倍マシに思えるくらい興味がわかなかったです。キャラクターも全然魅力がない。

戦術機に関するアレコレを色々見せたいからこんなシナリオなのか?

 ストーリーテリングが下手くそすぎるぞ・・・。

演出や戦闘描写は他のマブラヴシリーズの追随を許さないほど豪華だったんですけどね。5pbが関わってるから・・・

 

トータル・イクリプスで最終的に一番記憶に残ったキャラクターはこの「リトヴィネンコ中将」だったというオチ。

f:id:bettergear:20151231233818j:plain

 

戦術機の細かな設定を知りたいという人は楽しめるかもしれません。

しかし個人的に、あの世界でオーラ出して戦うのはやめて欲しかった。

 

総合評価:55 

 

当ブログのゲームレビューにおける総合評価について - Échec Complet