読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Échec Complet

たぶん日記だと思います

やっぱりWindows 10からWindows 7に戻した話

Windows 10にアップグレードしたんですがやっぱりWindows 7に戻してしまいました。

 

最大の理由は「古いゲームが動かない」ということ。

また、たっぷりと合計16GBメモリーを積んでいて数値上は問題ないのにメモリー不足の警告が出たり、PCをシャットダウンしたのに勝手に起動するとか、Windows 10のフォトビューワーが使いづらいとか、他の理由も色々あります。

Windows起動時にマイクロソフトにサインインするのもあまり好きではなかったり。

起動時間もどう考えてもWindows 7の方が速い。大差はないですが。

 

 結局、Windows 10で実装された仮想デスクトップも使わなかったですね。

PC TV with nasneというソフトを使ってますが、このウィンドウを移動するときにWindows 10だとなんか重いんですよね。Windows 7だとスムーズ。

 

Windows 10の方が良かったという部分は・・・

タスクマネージャのパフォーマンスの項目が見やすいしわかりやすいということやISOファイルをWindowsの機能で仮想ドライブにマウントできるということ。

使ったことないけどDirectX 12に対応しているところも?

ブラウザのEdgeはIEよりは良かったです。でもオンラインゲームの起動にはEdge未対応という残念さ。

 

ノートPCとか使ってる人は10の方が良いかもしれませんが、デスクトップPCでゲームをよくやる人や、Windows 7に満足しているという人はWin 10にアップグレードしないほうが良いです。

身を持って実感しました・・・