読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Échec Complet

たぶん日記だと思います

アニメ「シュヴァルツェスマーケン」 1話 感想

アニメ

TVアニメ「シュヴァルツェスマーケン」の第1話見ました。

 ゲームは昨年クリアしたので感想も書きましたが、アニメ1話は早送りかよってくらいトントン拍子に進んでました。

いやマジで速い。

でもこのくらいで丁度いいのか?もしかして1クール?

ゲームやってなかったら置いて行かれていた可能性がちょっとあった。

 

客観的な感想が難しいですね。そこそこ良かった、という感じです。

 

一つ言うなら、BETAが攻撃を受けたときに、ゲームだと凄く気持ち悪いエフェクトがつくんですが、あれがないんですよね。

アニメだとCGだから難しいのかもしれないですが、やっぱあの気色悪いBETAの断面が見えるのが良いと思うのですが、アニメは血しぶきくらいですね。BETAに血は流れてないけど。

 

雪というか吹雪というか、天候の表現はかなり良かったですね。

キャラクターはなんか大味だ。

強化装備描くのは面倒くさそうだなあと思います。

 

個人的に、マブラヴシリーズは戦闘のそのものよりも、作戦前のブリーフィングとか、作戦中のコマンドポストや隊長機との通信とか、オペレーターの台詞とかその辺のリアリティに魅力を感じてるので、それがないとマブラヴって感じがしないですね。

シュヴァケンの海王星作戦ではそのあたりどうなってるか楽しみです。

 

まあ、シュヴァルツェスマーケンの小説は、どう考えてもマブラヴのファンの人向けにもともと書いたのでしょうから、細かな所の説明は当然アニメでもないんですよね。

説明臭くならなかった点は良いですが、視聴者を置いてけぼりにしないように気をつける必要がありますね。

原作小説やゲームを買ってくれってことなのかな。

 

いずれにせよ、ご苦労さまです。

 

書いてて思い出しましたけど、このマブラヴオルタネイティヴの世界の日本語には「マジ」という言葉がないんですよね。日本の歴史が違うからスラングっぽい言葉はあまりないという設定が。シュヴァケンとは関係ありませんが・・・。

 

シュヴァルツェスマーケン 紅血の紋章

シュヴァルツェスマーケン 紅血の紋章

 
シュヴァルツェスマーケン 1 神亡き屍戚の大地に (ファミ通文庫)

シュヴァルツェスマーケン 1 神亡き屍戚の大地に (ファミ通文庫)

 

 

 

eche.hatenadiary.com