読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Échec Complet

たぶん日記だと思います

「ライフ イズ ストレンジ」 感想。開始30分で優秀作と確信した

ゲーム

3月3日に日本語版が発売されたアドベンチャーゲーム「Life is Strange」 を買い、全5章あるうちの2章までクリアしました。

 

f:id:bettergear:20160304180858j:plain

 

このゲームは選択肢を選んだり、登場人物に話を聞いたり、色んなモノを調べたりして、謎に迫っていくタイプのアドベンチャーゲームです。

ヘビーレインあたりを思い浮かべたらわかりやすいと思います。

ヘビーレインほど細かく操作する必要はありません。

 

アクションはないのでそこは予めわかった上で買うべきかと思います。

 

選択肢が物語に与える影響が大きく、尚且つ主人公の時間を巻き戻す能力によって、結果を知った上で戻すか戻さないか選べるので、ゲーム性は意外と高かったりします。

「ああしておけばよかったな」と思えるのはゲームだからこそですね。

2周はしたいなと思いました。

日本語音声も英語音声も両方入ってるのも良いですね。

日本語吹き替えも結構よく出来ていると思います。

 

ドラマで見るようなアメリカの高校生の生活だったり人間関係だったり、あくまで日常生活の中で非日常に巻き込まれるというスタンスが良いです。

モノを「見る」という選択をした時に、主人公のマックスが心の中で思ったことを呟くのですが、それがちょっとひねていて面白い。

 

また、視覚的にも演出的にも美しい場面が多くて気に入りました。

 

まだクリアしていませんが、個人的にはとても好きなゲームです。

 


ライフ イズ ストレンジ: シネマティックトレーラー

 

ライフ イズ ストレンジ

ライフ イズ ストレンジ