読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Échec Complet

たぶん日記だと思います

FPS「オーバーウォッチ」 ベータテスト感想

ゲーム

5月24日に発売されるFPS「Overwatch」(オーバーウォッチ)のストレステスト(Beta Test Weekend)が4月16日~17日に行われました。

 

f:id:bettergear:20160416143437p:plain

 

参加した感想です。

 

さすがにブリザードが作ってるだけあって、操作感もグラフィックスもキャラクターも非常に高いクオリティです。

キャラクターの動き、モーションなんかは一人称視点のFPSでもそのかっこよさが伝わってきます。

 

かなりスピーディーな操作感で、CODなどのFPSとは異なる「ヒーローシューター」の斬新さが全面に出ています。

 

基本的にデスマッチではなく、何か目標を達成するタイプの対戦が主という感じです。

例えば、拠点を占領するものや、対象を護衛するようなものがありました。

 

ヒーローは4タイプあり、サポートキャラクターは味方を回復できます。

タンクキャラクターはシールドを張ったりして味方を敵の攻撃から守れます。

このように、単に敵を攻撃するだけではないキャラクターがいて、チームとしての連携が重要になるゲームです。

 

ゲージがたまるとQキーでいわゆる「Ult」を発動でき、強力な効果を発揮するというのはなかなか楽しい要素です。

 

ゲームモードは、クイックプレイ、プレイヤーvs AI、対戦(ランクマッチ)、カスタムゲーム、アーケードと5種類ありました。

 

それと、日本のマップがあるのですが、いかにも外国人が作ったというような謎の日本語があちらこちらに描かれていて面白いです。カタコトの日本語しゃべるキャラもいるし・・・。

 

20人以上いるキャラクターそれぞれが異なる戦闘手段を持っており、人間離れした動きができるというのがオーバーウォッチの魅力のように感じます。

しかし、撃ち合いを望む人にはやや物足りないかもしれません。

バトルフィールドのようなスケール感もありませんので。

 

とりあえず、5月上旬のベータにも参加してみようかと思います。

 

▼変な日本語

f:id:bettergear:20160416141910j:plain

f:id:bettergear:20160416141916j:plain