読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記

意味深すぎるアニメ「けものフレンズ」感想

今期放送のアニメ「けものフレンズ」が予想外の面白さです。

 

f:id:bettergear:20170206214921j:plain

  

動物擬人化CGアニメなんですが、どうやら何かが起こって人間がいなくなった世界っぽい・・・?ジャパリパークという巨大総合動物園の跡地っぽいですけど。

 


 

主人公は明らかに人間ですが、記憶をなくしていて状況がよくわかっておらず、フレンズ達から何の動物かわからないと言われる始末。

フレンズというのはサンドスターという謎の物質で動物が人型の「アニマルガール」に変身したものを指すようですね。

フレンズたちの発言を聞いていると、もともと動物だったけど望んだわけでもなく獣人になってしまったという印象なんですけどどうなんでしょうね。

 

仮想世界という説もあるんですが、太陽光発電とかもあるので現実世界のような気がします。

溶岩について触れているのでどうやら噴火か何かがあったみたいですね。

 

意味ありげな台詞が結構出てきたりで、見た目のゆるさとは裏腹にディープなストーリーがありそうな予感。

まあとにかく設定が謎めいていて気になるアニメです。

 


 

そして台詞もなんか面白い。4話なんか特に面白かった。小林ゆうさんのキャラ。かなり重要なことを言っていて、施設について昔人間を楽しませていた的な事に触れています。

さらに、「絶滅していなかったのか」という事も言っていて、もともとジャパリパークには人が観光に来てアトラクションで遊んだりしていたけど、異変が起きて人が来なくなったということなのでしょう。

しかし見た感じ何か危険があるというわけではなさそうですし、なぜ人間がジャパリパークを見に戻ってこないのか、その真相は謎のままです。

 

オープニング曲は言うまでもなく名曲ですね。キャラソンっぽいわちゃわちゃした感じがありつつもちょっとセンチメンタルなのが良い。サビの部分の厚みが凄い。

歌詞の言葉のチョイスも良くて、言葉が耳に残ります。

意外と歌詞がちゃんと頭に入ってくる曲ってのは少ないんですよね。

 

 

5話

5話では、結構深いなと思ったシーンがあって、高床式の住居を皆で協力して作るんですが、「僕、力もないし・・・」と謙遜するかばんに対して

「そういう動物なんじゃないすか?考えるのが得意とか」

とフレンズが返すんですよね。 

動物が本能的に持つ能力というのは時に凄まじかったりします。誰から教わるわけでもなく立派な巣を作ったり、道具なしで穴掘ったり、木を倒したり。

しかし、人間は考えて他の手段を見つけることで、身一つではできないあらゆる事に適応する知性があるというのを示唆している場面でした。

この回の、それぞれの能力を活かして協力して家を作るというのはなんとも奥深い話でした。本来は協力することのない違う種類の動物が、人間の考えとアドバイスが加わることでできないことを達成するという。

 

ジャパリ饅という謎の食べ物も登場しましたね。雑食なんだろうかフレンズは。 

 

観てない人は観よう

gyao.yahoo.co.jp

 

けものフレンズが長期的に大ヒットできそうな理由

1. 登場キャラクターの多さ

東方とか艦これとかアイマスとか、長期的な人気を獲得できる作品にはたくさんのキャラクターがいます。

けものフレンズの公式サイトを見ると既にかなりのキャラクターが揃っています。

http://kemono-friends.jp/zoo/

 

アニメや漫画において、「新キャラクターの登場」というのはとてもインパクトが大きな出来事の一つで、けものフレンズでは毎回のように新キャラが複数出てきます。

これにより、視聴者は毎回のように新鮮さを感じ、飽きることがなくなるわけです。

f:id:bettergear:20170214172858j:plain

たくさんのキャラクターがいると、メディアミックス展開もしやすいんですが、けものフレンズは最後のメディアミックスがアニメだったというちょっと惜しい。

 

 

2. 最後に答えが待つ「冒険モノ」である

本作は、主人公の「かばん」が、自分が何者かという答えを見つけるためにジャパリパークを探索するアドベンチャーです。

根底にあるのは、新しいエリアを訪れて出会いがあり、毎回何らかの課題をクリアする、典型的な冒険モノの作品です。

旅の果てに何が待っているのか、ジャパリパークに何があったのか、一つのゴールに向かっているというわかりやすさがあります。

ワンピースで言えばラフテルに着いて海賊王になるとかそういうやつです。

 

3. 真似したくなるようなキャッチーな台詞

「○○が得意なフレンズ」とか「すごーい」とか。

真似したくなる台詞がたくさんあるアニメはだいたいヒットに結びつきやすいです。

 

4. 現実との結びつきがある

モチーフになっている動物は、絶滅していない種類なら実際にこの世の中に存在します。より身近に感じられる設定です。

既に動物園にサーバルキャットを見に行った人も大勢いるようですし、さらに広がりを見せるのではないでしょうか。

 

 

本当にポテンシャルが高いアニメです。

自分が見始めた頃はまだごく一部の人だけハマって感じでしたが、口コミで徐々に広がる波及力がある作品というのをリアルタイム進行で感じられて面白かったです。

 

 

深夜枠に留めておくのが勿体無いくらい良い内容。教育テレビのアニメでやってそうな内容なんですよね。

ジャパリパークの真相というミステリアスな要素も楽しいんですが、主人公が記憶を失っていることもあって、主人公とフレンズの間の「人間と動物」という関係がなく、かばんも含めて「皆が動物」という状態で話が展開されるのが素晴らしいです。

 

お子さんいる方は一緒に見るべきだと思います。

 

 6話あたりからは個別記事で感想書きましょうかね。