Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記。ビットコイン。

けものフレンズ 10話感想 やっぱりサーバルだった

けものフレンズもいよいよ終盤です。

 

以前に感想書いた時にも予想していたのですが、やはりミライさんと一緒にいるのはゲームアプリで登場したサーバル(CV:野中藍)でした。

 

この10話も本当に重要な情報が飛び交いました。

 

そして間違いなくゲームアプリのストーリーと密接な繋がりがあることがわかりました。

 

ゲームアプリでは、サーバルそっくりの姿をしたセルリアン「セーバル」というのが登場し、最終的に主人公やミライさんたちの仲間になります。

今回、タイリクオオカミが噂として昔フレンズの形をしたセルリアンがいたということを話していました。

 

そして、ホログラム投影された過去の映像にサーバルが映り、それを見たサーバルは涙を流しました。

 

かばんちゃんと一緒にいるサーバルはもしかしたら、かつてのセーバルが完全にフレンズになった姿なのではないでしょうか。

 

ミライさん達調査団?はパークを再開すべくジャパリパークのある島にやってきたが、倒せないセルリアンがいて完全退去を決定した?

その調査団の一人がかぶっていた帽子を落として、それがかばんちゃんがかぶっている帽子なのではないかと。

 

かばんちゃんは1話の頃からフレンズに遭遇すると必ずといっていいほど「食べないで」と言います。

もしかしたら、かつてセルリアンに食べられたことがあるのではないか。そのトラウマから食べないでと反射的に言ってしまうとか?

 

 

なんにせよ、このシナリオはこうだったら最高だなと最初の頃に思っていたものそのものでした。

ゲームアプリ版のサーバルが出て来るということ。

自分が心の中でこうだったら面白いだろうなとなんとなく想像していたまさにスイートスポットという感じでした。

 

本当に凄い作品になりました。

 

 

広告を非表示にする