Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記。ビットコイン。

アニメ「けものフレンズ」 11話感想。どこまででも続いていくGreat Journey

この11話は、おそらくアニメの脚本を考える際に最も中核になるエピソードの一つだったのではないでしょうか。

 

今回、セルリアンに食べられると記憶を失うという情報が出てきましたので、主人公のかばんはおそらく過去にセルリアンに取り込まれたことがあるのでしょう。

「食べないでください」という口癖(?)とも合致します。

 

フレンズはゲームの方では必殺技を使ったりしてましたが、ヒグマたちが戦う時にサンドスターのエフェクトが出てましたね。

f:id:bettergear:20170322121902j:plain

「野性解放」という言葉が出てましたが、野性解放はゲームアプリでフレンズのレベルの上限を上げるアイテムでした。

 

 

そして「サンドスターロー」という物質の存在も判明。

どうやらこのサンドスターローが出てこないように噴火口にフィルタを張ってあったようですが、四神の像が機能していなくてダダ漏れ状態になっていたようです。

 

ハンターのフレンズと共にセルリアンと戦ったり、ボスが警報ならしたり、帽子に羽が2本ついて完成したり、噴火口までたどり着いたり、最初から最後までハラハラしっぱなしの11話でした。

 

戦いの跡

そしてあの山には爆撃機の残骸や「五合目」と書かれた石碑がありましたが、ミライさんの話から察するに、セルリアンを倒すために爆撃を行い、反撃を受けたのだと予想されます。

爆撃が行われたのはミライさんたちが退避した後ということになります。

そしてセルリアンが手に負えなくなりジャパリパークのある島を放棄したということかと思います。

 

セルリアンは山火事みたいなものと言ってましたが、ジャパリパークのフレンズたちにとってセルリアンはいて当たり前の存在であり、出会ったらとりあえず逃げる、討伐はハンターたちに任せるという感じで、彼らなりの対策手段が作られているのが興味深い要素でした。

 

アニメ「けものフレンズ」はゲームの設定をいかしつつ、キャラクターそのものも、会話も、そしてストーリーも設定も面白いという凄まじい作品になったと思います。

本当にこの作品は、OPの2番にある歌詞「グレイトジャーニー」そのもののような気がします。

ひたすら楽しかった。

12話に何が待っているのか・・・。次週が待ち遠しい。

 

それにしても、サウンドトラックかっこいい。買おうかな。あるか知らないけど。

 

 

広告を非表示にする