Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記

ニンテンドースイッチはいつ頃まで買えないか。需要予測

ニンテンドースイッチがどこも売り切れですが、いったいいつ頃になったら普通に買えるようになるのかという予測です。

 

とりあえず、ゼルダの伝説は世界的に500万本程度の需要があります。

これは店頭やウェブサイトで見かけたから買うではなく、ゼルダの伝説が欲しいという人の需要です。

同様にマリオカート8は500万本程度の需要があります。Wii Uでも発売されたタイトルなのでやや少なめ。

そして夏に発売されるスプラトゥーンには400万本程度の需要があります。

 

年内いっぱいは難しい

プレイヤー層がかぶる部分を配慮すると、ニンテンドースイッチには1200万本程度の需要が現時点で既にあると思われます。

しかし、任天堂は年度内に1000万台生産と言っているので、需要>供給という状況はかなり先まで続くと思われます。少なくとも年内いっぱいは、転売屋のせいもあって定価での入手が難しいのではないでしょうか。

 

アメリカですら未だに品切れが続いています。つまり世界的に供給不足。

さらに、年末に発売されるマリオオデッセイによりさらに海外需要が高まります。

これにより、いくら増産しても追いつかないという状況が続く可能性が高いです。

また、転売屋やプレミア価格で売る店のせいで欲しい人の手元に届かない、買い占められてしまうという状況にもあります。

 

筆者の予想では、2000万台実売するまでは品薄が続くのではないでしょうか?

しかし、任天堂は生産台数を増やす計画ですので、あるタイミングでどかんと大量に出回る時期があると思います。そこを逃すとまた買いづらくなるかもしれません。

 

店頭や通販サイトで定価で売られているのを発見したらすぐに買ってしまうのがいいかと思います。 

 

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

 

 

 

裏話。実は出荷台数がめちゃくちゃ少ない

ニンテンドースイッチですが、すぐに売り切れるので飛ぶように売れていると皆さん感じていると思います。それは事実です。

しかし、実は「1週間あたり」のゲーム機の世界的な販売台数は最近でもPS4>スイッチだったりします。

 

一つの例をあげると、皆がスイッチが売ってないと騒いでいた6月第1週にヨーロッパで販売されたスイッチは約15万台です。しかし、この週にPS4は33万台ヨーロッパで販売されています。

 

4年近く前に発売されたPS4の方が最近でも販売台数がスイッチより多いということは、つまりニンテンドースイッチは出荷されている数が非常に少ないということです。

明らかな供給不足。

任天堂が新たな生産ラインの準備が終わり、本格的に増産することができれば、品薄は徐々に解消されてくるでしょう。