Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記

スプラトゥーン2が不評である理由

待望のスプラトゥーン2が発売されてから2ヶ月ほど経ちましたが、全体的に不評という雰囲気が漂っています。

 

f:id:bettergear:20170920102425j:plain

 

単純に、2と名乗っている割には1から大きく進化していないというのもありますが、それ以上にゲームバランスの改悪と未だに直らないマッチングのアンバランスさ、マップのデザインの悪さが挙げられます。

 

前作が幅広い支持を得られた理由として、他のプレイヤーを倒すこと以上にフィールドを塗ることのほうが重要なため、シューターゲームに不慣れでもハードルが低いというのが挙げられました。

 

キルゲー化し1の頃の持ち味が失われている

しかし、2は1の頃よりキル(他のプレイヤーを倒すこと)が重視される設計になっており、単純な撃ち合いゲームと化している側面があるようです。

これにより、フィールドを塗ることよりFPS/TPSが上手いプレイヤーが相手をキルすることがゲームプレイの中心となり、一方的な試合展開が多く、スプラトゥーン本来の持ち味が失われています。

 もしかしたら、海外のゲーマーやシューティングゲームが得意な人はこちらを好むかもしれませんが、楽しいというより「疲れる」という意見が多いのが現状です。

 

また、任天堂のゲームらしく、あえてボイスチャットを導入しないことで、FPS等の対戦にありがちな罵り合いや不正などを防ぐこともしていましたが、結局挑発や暴言などはスプラトゥーン2でも同じで、ユーザーを辟易とさせているようです。

 

 

しかし、当然ながら1の出来が良かったため、2も 買ってみようという人が多く、人気は依然として高いゲームです。ですので、今後開発元がフィードバックを受けてバランスを調整する可能性も大いにあります。

今の撃ち合いゲームを楽しめる人はスプラトゥーン2を楽しめるでしょう。

また、新要素のサーモンランは好評です。

1のような撃ち合いだけでないユニークなゲームプレイが好きだった人にはフラストレーションの強いゲームになっています。

 

おそらくスプラトゥーン1がヒットした後にWii Uの生産中止が決まり、Switchに移行しなければならなくなったため、任天堂は2の開発を急がせたのだと思います。

急いで開発すればバランス調整やQAなどは疎かになってきます。その典型例だといえるでしょう。

スプラトゥーンDX」としてWii U版の改良移植版でも十分だったように思えます。

ビジネス的には上手くいっているものの、スプラトゥーン2というゲームそのものの品質に関しては急造品の域を出ないようです。

 

 

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)