Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記。ビットコイン。

戻すか、更なる暴落か。ビットコイン年末相場

20000ドルから一気に11000ドル付近まで落ちた後、16000ドルあたりまで戻し、再び14000ドルまで押したビットコインの相場です。

 

まさに乱高下という感じですが、日足レベルで見ると想定内の動きでしょう。

一気に落ちたのでサポートラインで反発し、戻し目で利益確定&ショートが入って再び下落する。

日足の移動平均を抜けてるわけですから、日足の移動平均に再び戻ってきたところは絶好の売り場。「初戻し売り」です。相場の常識ですね。これが成り立つのもビットコインの相場が単純であるという証明です。

急勾配ですが非常にきれいなトレンドラインができています。

 

この記事を書いている時は、4時間足の20MAと200MAが接近しつつあり、買いと売りが均衡しているような状況です。まだ200MAは上向きです。

下値は切り上がり、上値は切り下がり、三角持ち合いになりそうなイメージがあります。

 

日足レベル、週足レベルで見れば過熱相場の調整レベルですから、ビットコインは将来的に300万、500万、1000万と上がっていくと信じて止まない人たちが利益確定売りをする可能性は低いです。

もしその人達が売り始めたら、下値ブレイクで1BTC100万円まで落ちてもおかしくありませんが・・・。

 

下降のトレンドラインに完全に頭を押さえつけられてますからどこかでトレンドラインが200MAに接触する可能性もあります。

 

トレンドラインをしっかりと上にブレイクすれば、下降トレンドは終焉するでしょう。

しかし、上昇になるのかレンジ相場になるのかは不明です。

 

先日の記事で「150万は見えている」と書きました。1回150万を割り、戻り売りでまた150万に近づきましたね。

年越しビットコイン相場はどうなっているのでしょう・・・