Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記。ビットコイン。

「よっさん」のような迷惑配信者は逮捕されても反省することはない

www.j-cast.com

 

よくある「迷惑配信」で逮捕されるという事例です。

今に始まったことではありません。もう何年も前からあるような一件。 

 

逮捕されているわけですが、逮捕されてもこの手の配信者は全く反省しません。

むしろ、これで有名になったと喜んでいるでしょう。

 

誰でも使える配信サイトがこの世にある限りは迷惑配信をし続けるでしょう。

例え配信を規制したとしても、海外サービスを使って配信をするでしょうから配信を規制するのは不可能です。

 

対応策は3つしかありません。

・配信による収入を断つ

・迷惑配信に重い罰則を課せるような法整備

・ヤクザやチンピラを使って迷惑配信者を私刑にする

です。

 

 

残念ながら上2つの効力は弱いです。

そもそも注意されたり逮捕されて反省できる人は逮捕されるような迷惑配信なんて最初からしません。

 

最も有効なのが3つ目。

どんなバカでも、人間は痛みには耐えられません。

多少強引でムチャなやり方ですが、配信をしてないところで死なない程度に強い痛みを与えれば反省するでしょう。

『馬鹿につける薬はない』ということです。

 

ある意味、ここまでやらないと迷惑配信者は止められないという事です。 

今回の容疑者はまた将来逮捕されるんじゃないでしょうかね。

 

大昔なら「打首だ」と一言で片付いたのでしょうけれど、そういうわけにもいかないのが今の世の中ですから、逮捕されるリスクに対して有名になれるリワードの方が大きければこういった迷惑配信はなくならないでしょう。

  

ニコニコ動画側も、これで「プレミアム会員が増えれば御の字」だと思ってるでしょうから、規制なんて彼らは表面的にしかしません。

テレビで取り上げられて喜んでいるのは配信者も配信サイトも同じです。

配信サイトはたとえ犯罪を行う配信者であっても、コンテンツの一つだと考えているでしょう。YouTubeほど有名になるとまた話は変わってきますが・・・。

 

【どんなに法整備をしても犯罪をするやつは必ずいる】というのと同じで、迷惑配信者というのは配信サービスがある限りは必ず出てくると思ったほうがいいです。

重要なのは同じ奴に二度目の配信をさせないようにできるかどうか。

現状は私刑にして物理的に再起不能にするくらいしか方法がありません。

 

 

netatopi.jp