Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記。ビットコイン。

レッド・デッド・リデンプション2の一番凄い所は、NPCの会話の自然さと豊富さ

レッド・デッド・リデンプション2を結構な時間プレイしたのですが、このゲームで一番感心したのは、会話の自然さでした。

 

主人公に対して話しかけてくるNPC

さらにはNPC同士が雑談していたり。

 

これはSkyrimとかOblivionでもあったのですが、レッド・デッド・リデンプション2ではとにかくこれが自然で、なおかつ会話の種類が豊富。

 

プレイヤーが聞いていないかもしれないのに、NPC同士がなんか色々話をしていて、ちゃんとゲームの世界の中で暮らしているという感覚。

思わずNPCの会話に耳を傾けたくなります。

 

そして主人公に対しても色々と話しかけてきて、「挨拶」コマンドを使うといろんな反応が聞ける。

 

 

多くのオープンワールドゲームでは、主人公が近づいたらちょっと挨拶してくれる程度もしくは、イベントが発生したらちゃんと会話してくれる程度ですが、レッド・デッド・リデンプション2ではイベントやクエストでなくとも、NPCが色々と話をしたりするんですよね。

世界とそこの住人がちゃんと暮らしている空気感があるのはとても良い。