読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Échec Complet

たぶん日記だと思います

「進撃の巨人」が「マブラヴ」に似ている点。元ネタ

アニメ ゲーム

進撃の巨人の作者の諫山創氏は、2006年に発売されたアージュのPCゲーム「マブラヴ オルタネイティヴ」のファンであることを公言しています。

また、諫山氏がウルトラマンマブラヴからアイデアパク 借りているということもファンの間ではよく知られたことです。

 

この記事では、進撃の巨人においてマブラヴに似ているコンセプトやアイデア、要素などを紹介します。 

 

注意:この記事にはマブラヴのネタバレが含まれています。

 

進撃の巨人(18) (週刊少年マガジンコミックス)マブラヴダブルパック 【ダブルパック特典】『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス 帝都燃ゆ』プロダクトコード同梱 & 【早期購入特典】『シュヴァルツェスマーケン (プレビュー版) 』プロダクトコード同梱

 

マブラヴ・・・2003年に学園恋愛アドベンチャーゲームとして発売。2006年に後編にあたる「オルタネイティヴ」が発売。

進撃の巨人・・・2009年から連載開始。(考案は2006年頃)

 

 

いきなり主人公が涙を流しており、泣いている理由を本人が理解できない

 マブラヴ オルタネイティヴの冒頭で、主人公の白銀武が目覚めた後に自分が涙を流していることに気づきます。

白銀武はあることを達成するまでは元の世界に帰ることができず、地球が滅ぼされ、ほとんどの人間が殺されてしまうという並行世界を何度もループしてしまいます。このため最初に目が覚めた時に涙を流していますが、夢だと思い込んでいます。

 

進撃の巨人の最初でも主人公のエレン・イェーガーが涙を流しているシーンがあり、本人はその理由をわかっていません。「長い夢を見ていた」と言っています。

 

 

人間を食らう存在。○○級という呼び分け。

進撃の巨人では巨人という謎の存在が敵として登場し、よくわからない理由で人類を脅かしまします。○○メートル級と、××メートル級のように、大きさでわけられています。

そしてこの巨人は人を食らうというのが進撃の巨人の最大の特徴です。

 

一方マブラヴでは、BETAと呼ばれる「地球外起源種」が1970年代に地球にやってきて、生物も植物も自然も根こそぎ破壊し、人類は何十年もこのBETAと戦い続けています。

BETAは複数のタイプにわかれ、「ソルジャー級」「グラップラー級」「タンク級」「デストロイヤー級」という名称で種類がわけられています。

そしてこのマブラヴで一番ショッキングなシーンは、主人公と非常に近い重要なキャラクターがBETAに食われてしまうという場面です。

BETAは人間を生き物ではなく「災害」だと認識しているため慈悲は一切ありません。

BETAは資源獲得のために太陽系にやってきていますが、BETAを作った「創造主」は全く違うどこかの遠い星にいるようです。

 

また、BETAには動物的な特徴や、人間の特徴が部分的に存在しているため、非常にグロテスクな見た目をしています。

進撃の巨人の巨人も歯が強調されていたりします。

 

マブラヴのBETA

f:id:bettergear:20160527222401j:plain

 

 

立体機動装置と戦術機

マブラヴには、「戦術歩行戦闘機(戦術機)」と呼ばれるロボットが登場します。

マブラヴに敵として登場するBETAはレーザーによる対空能力に優れているため、航空機では歯が立ちません。このため、戦術機と呼ばれるロボットが戦闘機として使用されているのですが、戦車のように平面的な動きではなく「立体的な動き」ができることが利点だとされています。

そして、戦術機の腰についているバーニア(跳躍ユニット)で非常に高い移動能力を有しています。

 

しかし、作中で何度も跳躍ユニットに使用する「推進剤」が足りないとか、推進剤を補給するというシーンが出てきます。

 

進撃の巨人を読んだ人ならピンと来たでしょう。

進撃の巨人立体機動装置もガスの補給をしなければならないというシーンが強調されています。

 

一つ面白いのは、訓練でエレンは最初立体機動装置を人並み以下でしか扱えません。下手だったわけです。

逆にマブラヴのタケルは戦術機のシミュレーターで適正をチェックした際、国連軍の横浜基地で過去最高の成績を叩き出しました。(それ以外の成績は酷かったですが)

 

 

演説

進撃の巨人で「ドット・ピクシス」が演説をするシーンがありますが、マブラヴオルタネイティヴパウル・ラダビノッド司令が桜花作戦の前に行った演説から影響を受けている感じがします。

マブラヴオルタネイティヴにおけるラダビノッド司令の演説は有名です。

 

演説は色んな作品に存在するのでマブラヴから影響を受けたと断言はできません。ガンダムギレン・ザビの演説も有名です。

 

 

訓練

進撃の巨人は少年漫画では珍しく、主人公が訓練兵として訓練を積むシーンが描かれています。訓練兵の時に戦闘に駆り出されます。

「役立たずのタダメシ食らい」というセリフが出てきます。

 

マブラヴではプレイ時間にして15時間以上は訓練をしています。アンリミテッド編に関しては95%以上は主人公が兵学校で過ごします。

途中で実戦を挟みますが、正規兵として着任してもまだ訓練が続きます。

そして、マブラヴにも「無駄飯食らいのお前らに」という台詞があります。(取り残された村人を救助しに行くシーン)

さらに、訓練兵の時に任務に当たるというエピソードがあります。

これだけ訓練や演習をたくさん描く作品は滅多にありません。

 

 

行軍時の陣形

進撃の巨人調査兵団が「長距離索敵陣形」を使って行軍するシーンがあります。

このシーンで巨人となるべく戦わずして先に進みます。

 

マブラヴにこういったシーンはないのですが、オルタネイティヴで12・5クーデター事件に出動した際に、煌武院悠陽殿下を乗せた国連軍の20706(白銀機)を護衛しつつ伊豆半島を南下します。米軍と国連軍が協力しフォーメーションを維持しながら作戦行動をするシーンや、ハイヴを攻略する際の戦術機部隊の陣形などからインスピレーションを受けているような気がします。

似ているというよりも、進撃の巨人のこの行軍は、マブラヴオルタネイティヴのクーデター事件のシーンに何か影響を受けている気がする・・・という印象です。

 

 

敵前逃亡は死罪

進撃の巨人に「敵前逃亡は死罪に値する」という台詞があります。

 

マブラヴのとあるキャラクターの親が、敵前逃亡をして投獄され、処刑されたという設定があります。

 

調査兵団が得られるものの少なさ

進撃の巨人の序盤に、「何の成果も得られませんでした」という台詞があるように、調査兵団が多くの犠牲を払っても巨人について得られる情報が少ないという設定があります。

 

おそらくこれは、マブラヴオルタネイティヴにおいて、多大な犠牲を払ってもBETAに関する情報が少ししか手に入らなかった歴史(ヴォールク連隊)があるというところから影響を受けているような気がします。

例えば、オルタネイティヴ3でESP発現体の大勢の犠牲の結果得られた情報が「BETAは人類を生命体として認識していない」ということだけだったというような事です。

 

 

駆逐

似ているというほどでもないですが、進撃の巨人の代名詞とも言える「駆逐してやる」という台詞。

 

マブラヴで、戦術機の講義を受ける時に教官から「ヤツらをこの地球から駆逐しろ!」という言葉があったりします。

 

 

圧倒的な敵と「人類の反撃」

進撃の巨人では、巨人が人類よりも圧倒的に強く、1体倒すのもやっとです。

人類と巨人では戦力差がかなりあり、人類が劣勢、多くの領土が巨人に奪われています。

 

マブラヴではBETAの圧倒的な物量を前に、人類がユーラシア大陸を失うほど追い詰められています。日本も西日本の3800万人がBETAに蹂躙されています。

2001年時点で人口も10億人程度しかいません。

 

そしてどちらの物語でも人類が強大な敵に立ち向かい、反撃に転じるというのが共通項です。

 

人間同士の利権を巡る争い

 進撃の巨人の世界で壁が破られ、農地を失い食料が減ると人類同士で争いなるということが語られています。

人類同士の争いを想定して憲兵団には対人用の立体機動装置が配備されています。

人類対巨人という構図の裏に「人類対人類」という本質があるのは作品の後半でも明らかな命題です。

 

同様にマブラヴオルタネイティブでは、アメリカ軍が対人を想定した戦術機(ラプター等)を開発するなど、最大の敵はBETAではあるものの人間同士での争いへの備えがあちらこちらに見られます。

作中でも幾度となく国家間の政治的な策略によって振り回される世界が描かれており、「人間同士の相互理解が必要。それこそが、人類生存の鍵を握っている。」という台詞が全てを物語っています。

 

このように、表面上は「人類 VS. 謎に満ちた強大な存在」という両作ですが、本質的には「人類 VS. 人類」の構図があるという共通点があります。

 

  

 

と、色々挙げましたが、「ここが似てる」とか具体的な設定よりも、進撃の巨人のキャラクターの台詞から感じる印象が似ている部分の方が多い気がします。

しかし、マブラヴ進撃の巨人は全く別物と言っていいです。

テーマはまるで違います。

 

ですが、両方知っている人は「なんとなく似てるな」と感じるところもあるでしょう。

進撃の巨人、ひいては諫山先生がマブラヴオルタネイティヴから強く影響を受けているのは間違いありません。