Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記

ドラクエ11 クリア後の感想&評価・レビュー。日本RPGの基本全てが詰まっている

ドラゴンクエストXIをプレイしての感想と評価です。

 

ドラゴンクエストXI レビュー

ドラゴンクエストXIはまさにドラゴンクエストであり、これぞJRPGだというお手本のようなゲームです。

日本のRPGらしくストーリードリブン(物語主導)のゲームデザインで、ストーリーを進めていく中で世界を冒険していく、その感覚は非常に満足のできるものです。

魅力的なキャラクターとおなじみの魅力的な魔物達、おなじみの呪文、特技、しかし過去最高峰のグラフィックス(PS4版)で美しく描かれるのはとても新鮮です。

街と人々が生き生きと描かれています。

 

f:id:bettergear:20170802121842j:plain

 

堀井雄二さんのディレクションが際立つのは序盤の動線です。

RPGをやったことがない人でも、直感で進めていけるように設計されており、RPG初心者が最初にプレイするゲームとしてもかなりオススメできます。

あえて中盤まで自由探索を制限していますが、これによりRPGに慣れていないプレイヤーも迷う事なくストーリーを進め、なおかつゲームシステムに慣れることができます。

 

ゲームバランスはぬるすぎるわけでもなく、しっかりと装備を整えてレベルを上げて、呪文を駆使して攻略していく必要があり、手応えは十分です。コアゲーマーにとってはやや物足りないかもしれませんが、その場合はしばりプレイをしましょう。

 

今回は「キャンプ」があることでセーブポイントも多く、オートセーブもあり、このあたりは現代らしい親切設計です。

 

f:id:bettergear:20170802131705p:plain

 

また、このキャンプをした際に仲間に自由に話しかけることができ、これが"旅の仲間"という感覚を強調していて非常に味わい深く、素晴らしかったです。

 

ネタバレなので詳しくは言えませんが、ある段階で探索の幅がぐっと広がってからはそれまで以上に面白く、ドラゴンクエスト11のポテンシャルの高さを感じました。

 

f:id:bettergear:20170802122309j:plain

 

「鍛冶」システムは単純に装備を作るだけでなく、「うちなおし」によって店売り装備も強化でき、非常に効果的で、クラフティングの基本的な楽しさも感じられます。

 

f:id:bettergear:20170802131134j:plain

 

戦闘はドラゴンクエストのおなじみのコマンド方式で変わっていませんが、「れんけい」の組み合わせの楽しさが加えられています。

また、PS4版ではカメラアングルを自由に動かせるため、例えば敵側から主人公達を見るということもできます。

 

シンボルエンカウントであるため、敵と戦いたくないときは敵を避けながら先に進めるのでフラストレーションが少ないです。

 

f:id:bettergear:20170802121959j:plain

 

ストーリー自体も王道のファンタジーながらも時にドラクエらしい驚きも詰まっており、常に先が気になる内容で、カットシーンの演出もテンポが良く、どんどんのめり込んでいきました。主人公が「勇者」という特別な存在であることがドラゴンクエストに求める物語にふさわしいと感じました。

常に驚きをたくさん与えてくれるそんな物語です。

 

そして一般的なプレイヤーにとって、ドラゴンクエスト11のストーリーのボリュームはかなりのものです。日本の他のRPGと比較しても圧巻のボリュームとシナリオの濃さを誇ります。これはぜひプレイして実感してください。

 

様々なエリアが異なる顔を見せ、丁寧に作り込まれた世界は冒険心をこれでもかというほどくすぐってきます。

また、PS4のシェア機能でスクリーンショットも簡単に撮影することができるのは、現代ならではです。

  

f:id:bettergear:20170806180733j:plain

 

それ以外にも素晴らしい点が多く、多くのゲームがDLCで衣装を"販売"しているのに対して、ドラゴンクエストXIではゲーム内で入手できる装備でキャラクターの服装のグラフィックスが変化するものもあり、このあたりのゲーム内で完結している感じが好印象です。

 

システム面でも非常に洗練されており、ドラゴンクエストインターフェイスはそのままに、ユーザーフレンドリーな設計がされています。

 

また、ハードコアなプレイヤー向けとして、様々な要素を制限する「しばりプレイ」も用意されていますし、自分だけのルール(例えばめいれいさせろを使わないとか)でも楽しめるでしょう。

 

一方で、キャラクターボイスはあってもよかったんじゃないかと思えたので、オプションとして入れておくべきだったと感じました。

 

ドラゴンクエストXI」は、日本のRPGの基本が全て詰まっているゲームです。冒険の楽しさ、新しいキャラクターを仲間にしていく楽しさ、出会いの楽しさ、成長の楽しさ、それら全てを手軽に感じることができます。

DQ11は革新的なことをしているわけではありませんが、基本に忠実といった印象です。だからこそ間口が広い。

また、ある程度の探索の幅も持ち合わせており、宝箱を見つけたり、素材を集めたり、レシピを見つけたりといったRPGらしさもしっかりと用意されています。

ドラゴンクエストのファンにとっては、おなじみの恐ろしくも可愛くもあるモンスター達が高品質なグラフィックスで描かれ、生き生きと動き回るのは一見の価値があります。

 

そしてなにより、ドラゴンクエスト11のストーリーは、昔のドラゴンクエストをプレイしたことがある人にとっては

 

 

チャゲームに支配されてしまっているような日本のゲーム市場にもまだホンモノの"ゲーム"の魂は残っています。

 

総合評価:90  

  

 

良い点

  • 大ボリュームで驚きに満ちた冒険心をくすぐるストーリー
  • 魅力的なキャラクター
  • 丁寧に作り込まれた美麗なグラフィックス
  • キャラクターやモンスターの動きの細かさ
  • なかまと会話できること
  • 見た目が変わる装備がDLCではないこと
  • ある程度の探索が可能な世界
  • 過去のドラゴンクエストを彷彿とさせる様々な要素
  • バグらしいバグがほとんど見られない事
  • エンディング(ネタバレ防止のため多くは語りません)

 

 

悪い点

  • 鍛冶システムは装備を探索で集める魅力を減らす
  • 戦闘時のカメラワークは疑問が残る
  • いくつかの場面でのフレームレートの低下
  • 全く同じ場所に同じ素材が出現するのは面白みがない
  • やや難易度の低い中終盤
  • エリアマップが最初から全て見れてしまう事

 

 

 

eche.hatenadiary.com