Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記

FF14レイド オメガ デルタ編 零式3層 攻略のコツ。クリアできない人向け

FF14のレイド「次元の狭間オメガ零式:デルタ編3」攻略のコツです。

 

2層と比べると随分難易度が上がったように感じると思います。

 

多くの人がミスをしているのが

  • サモンデストーク
  • アパンダ出現後の女王の舞+マジックハンマー
  • 魔法剣ホーリー+女王の舞(本バフを取って受けるやつ)
  • 動物園
  • マインドジャック+サモンデストーク

だと思います。

 

サモンデストーク

最初のサモンデストークンは、4枚ある青パネルのどれかが安全地帯です。

慣れないうちは慌てがちですが、発動までにかなりの時間があるので、1枚ずつ見ていけば簡単です。左上から死神の対象になっているのかどうかを見ていきます。

3枚見ればどこが安全地帯か把握できます。

もし頭が混乱したら自分で解くのは諦めて他の人についていきましょう。

 

 

図書館

アパンダ出現後の女王の舞は後半最初の難関です。

動き方は理解していても、ハンマーに当たってしまう人もいるかと思います。スプリントを使うのを強くおすすめします。

ボスの詠唱が終わって本が降ってきた時には安全地帯へ最初の一歩を踏み出してる感覚なら余裕で間に合います。

視線攻撃までには少し時間があり、DPSの人はハンマーが降ってきた後すぐに「ボスに背を向けているけどアパンダの方向を向いていられる位置」へ移動しましょう。そうすればその後はもう何も心配せずアパンダを殴れます。

不安なら視線攻撃が来るまで待機でもいいですが・・・。

ここでヒーラーの人は次元波動やクリティカル、さらにその後のホーリーのために頑張って回復をしましょう。

 

 

後半の魔法剣ホーリー+女王の舞はパーティが崩れやすい場所です。

ホーリーの頭割りが内側なのか外側なのかをしっかり伝えておくことが大事です。

慣れてないうちはマクロでさらっと流しただけでは忘れる人が非常に多い。

頭割りの人が入るパネルにマーカー置いてもいいくらいです。

この時、頭割りをするからといって隣の人のパネルに入ってしまわないように。本で潰されます。

また、東西どちら側のパネルに入るのかというのを早い段階でアピールするように動きましょう。

頭割りは外側がおすすめです。というのも、頭割りの円がついていれば遠くからでもはっきり視認できるので、もう一人がどのパネルに入るのか一目瞭然な一方で、何もついていない人はもうひとりの何もついていない人がどこにいるのかわかりづらいからです。

しかし、中央2枚ならとっさの判断ですぐに"いない方"へ動けます。

このホーリーと女王の舞はかなりのダメージを受けます。可能なら前段階でヒール全回復+バリアがあると良いです。

この後すぐに範囲攻撃が来ます。攻撃を受けたらすぐに集合して回復です。

 

 動物園

動物園はヒーラーとタンクが苦労する場所です。

今はヒーラー、タンク、DPSの順番で変身することがほとんどです。

だいたい失敗する原因は豚変身のポルルルです。

ポルルルは1人でも重なっていれば変身を防げます。

あえてボスの背面でなく、中央あたりにマーカーを置いてそこで変身回避というやり方の方が楽だったりします。

この間はヒーラーとタンクは変身と変身回避に専念してしましょう。

最初の変身攻撃が来た時点で残り2つは予想できます。これを頭に入れた上で冷静に対処したいところです。

例えばヒーラーの人なら、受ける受ける受ける・・・回避回避回避・・・回避回避回避・・・と頭で念じながらプレイしてみてはどうでしょう。

 

 

マインドジャック

マインドジャックとデストークンの組み合わせは事故が起こりやすいです。

繋がったらその死神の対角線の安全地帯に移動するように向きを調整します

強制移動する距離はパネル二辺分弱です。したがって、繋がった死神の近くまでいき、対角線に向かって強制移動するように向きを調整すればこれで間に合います。

死神のダメージを受けますが、この後すぐに女王の舞が来ます。

ここでの女王の舞は大地か茨です。

特に女王の舞・大地では全員ダメージを受けるので回復が急務です。女王の舞大地が来る場合、それまでに回復を入れないと数人はお亡くなりに。

 

 

おそらく2層を突破してきたのならスキル回しはそこまで問題ないはずです。

不安なら零式3層木人を食事なしで壊しましょう。

時間切れになってしまうのは、ミスって死んでしまうのは当然として、攻撃できる時に攻撃できていないというのもあります。

鉄巨人の段階で30%を切っていなければ火力が足りていません。タンクも含めてギミックを避けつつダメージを与えていく練習を積み重ねましょう。