Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記

FF15 クリア後の感想&評価

ファイナルファンタジーXVをクリアしたのでレビュー。

 

f:id:bettergear:20161204151227j:plain

 

 

良い点

・壮大さを感じられるフィールドやモンスターの大きさ
フィールドの描画距離が非常に長く、それでいてLODが上手く効いています。
世界を大きく見せる工夫が凝らされています

・高速かつスムーズで、ダイナミックな戦闘アクションがシンプルな操作で可能

・リアルタイムアクションの中で派手なアクションを演出できている
特にノクティスが空中攻撃をする時はかなり楽しいです。

・未だかつてオープンワールドRPGで見たことがない仲間とのスタイリッシュな連携攻撃
・モブハントやダンジョン等、クリア後にもある程度の遊びが用意されている

・釣りが良く出来ている
オープンワールドの中に複数の釣り場があるという点も良い。

・過去のFFのサウンドトラックが聴ける
・ド派手な召喚獣の攻撃

・洞窟やダンジョンの雰囲気が素晴らしい
最近の日本のRPGではトップクラスのダンジョンの作り込みをしているように思えます。本当の洞窟のように感じられる

・モンスターの分布と環境が一致している
・グラフィックスの品質を高く保ちつつも十分に最適化されている

・AIによる写真システム
ある意味一番驚いたシステムで、仲間が写真を撮るという形でAIがゲームプレイ内容に応じて自動で写真を生成します。まだ荒削りなシステムですが、他のゲームでも取り入れたらよいと思えるほどシェアとの相性が良い。

 

・ゲームプレイ中のキャラクターの掛け合いの面白さ

戦闘時やフィールド移動時、街やダンジョンにいる時など、パーティにいるキャラクターが様々な場面で会話をしますが、これが旅の臨場感を生んでいます。台詞のバラエティも非常に多彩です。

RPGだとイベントやクエスト以外ではダンマリを決め込むことが多いので意外と新鮮でした。

 

・移動時に単に後ろをついてくるだけではないAIの思考が斬新(主人公より前を走ってることもある)
・レガリアで空を飛べる事
・車のカスタマイズができる

・オルティシエの街の夜の美しさ

 

悪い点

・下手というよりも存在しないと言える酷いストーリーテリング
本来予定していたものを2割しか入れることができなかったという印象で、過程が省略されすぎている

・魅力のないストーリー
・終盤のステージは駄目なアクションアドベンチャーゲームのように退屈

・パーティメンバーが最初から4人揃っていること
最初は2人くらいで徐々に仲間を増やす方がRPGとしては面白い

・ゲーム内で主人公達に関わる脇役のキャラクターがあまりにも少ない
RPGといえば、様々な場所に個性豊かキャラクターがいるのが普通ですが、本当にわずかなキャラクターしか出てきません。

オープンワールドを十分に活かせておらず、空虚に感じることがある
本当の意味での「オープンワールド」ではないように思えます。
道路とその周りに探索可能な地域を作っているだけで、徒歩での移動すら出来ない場所が目立ちます。
密度が不足しているのに加えて、世界を探索する中で人々に出会うというRPGの基本が出来ていません。

・後半のストーリー展開はオープンワールド上で行われない

・不自然なほど少ないNPC
レスタルムという街にいるNPCがあまりに少なく閑散としています。
本来はもっと実装する予定だったのでしょうが、処理性能の問題なのか不具合なのかわからないですが、あまりにもNPCが少ないです。
また、フィールドを歩いていてNPCに出会うということがほとんどありません

・キャラクターの強さの成長が感じにくい
最初から全ての連携攻撃(リンク)が可能であり、武器も複数所持しているためなのか、実際には強くなっているのにキャラクターが強くなっていく過程がわかりにくい

・使えるタイミングがいまいちわからない召喚獣
・キャラクターが同じ台詞を何度も言う(この場所に来たらこの台詞を言うように設定している?)

オープンワールドゲームにはつきもののバグ
自分の場合、進行不可能になるバグに2回遭遇しました。
オープンワールドRPGにはよくあることですが、こればかりは継続的なアップデートをするしかないように思います

・モブハントが1個しか受けられれない
異なるクエストでも同じ場所に対象のモンスターが出現するためだと思われる

・わずかな段差でも場所によっては見えない壁がある
・サブクエストは「埋め合わせ」のような工夫のない中身のものが多い(単純なお使いがほとんど)
・国内販売価格が高い(定価9000円オーバー)

 

総評

FF15RPGにストーリーを求める人には絶対におすすめできません。

中身そのものより、ストーリーがほとんど語られていないという印象です。
DLC等で補完できるレベルのものではなく、10あるプロットのうちの2程度しかゲーム内に実装されていないような気がします。
「もうこのチャプター終わり?」と思ったことが中盤何度もありました。

当初、スクウェア・エニックスはメインストーリーは40時間と言っていましたが、自分の場合はサブクエストやサイドコンテンツにかなりの時間を費やした上でメインクエストを終わらせて40時間程度でした。
したがって、10~20時間程度のストーリー関連の要素(メインクエスト, カットシーン, etc)は開発期間なのか技術的な問題なのか知りませんが、カットされたのではないでしょうか。

開発期間が足りず妥協したのだと思われますが、ここまでストーリーテリングをいい加減にしたFFはナンバリングで初めてです。

開発期間足りないという部分は他にも見られ、オープンワールドゲームなのに世界探索の中でイベントに遭遇するという要素が皆無です。
ウィッチャー3など、優れたオープンワールドRPGの世界は「Living World」と言われますが、FF15の場合、「ただオブジェクトが置かれているだけ」という印象を強く受けます。そこで起こる小さなストーリーとプレイヤー体験が足りていない。

FF15オープンワールドにするという話が出た際、スクエニのスタッフからも「オープンワールドスクウェア・エニックスには無理」という反対意見があったようですが、その人達はまさに正しかったと言えます。


一方で、戦闘は本当に素晴らしく、退屈だと思うことはありませんでしたし、魔法が非常に強いのも個人的には気に入っています。
また、広大な世界という意味では評価でき、車で世界を移動するRPGというのはなかなか斬新です。

カットシーンではないゲームプレイ中のキャラクター同士の会話の多さは、団体での冒険の楽しさを引き立ててくれています。

FF15スクウェア・エニックスが作った「基盤」は良かったと思います。
AIなどで挑戦的なこともしていますし、大きな前進なのは間違いありません。
洋ゲーでよくあるような極端なフレームレートの低下もないですし、バグも海外タイトルと比べると可愛らしいレベルに収まっています。

しかし、その上に組み上げるものを妥協せざるを得なかったという感じでした。
ストーリーテリングや荒削りなオープンワールドに目を瞑れば、光るものもありますし、十分許容できるゲームです。
個人的には、FF13三部作と比べたらゲームプレイの部分は圧倒的にFF15に軍配が上がります。

ヴェルサスXIIIのストーリーがもし完全にFF15に受け継がれていたら、もし最初からスクウェア・エニックスオープンワールドゲームのノウハウを持っており、十分に開発期間が与えられていたのなら・・・と残念に思います。

本作で培われたノウハウを新たなゲームの開発に活かしてほしいと思います。

 

総合評価:70点 

 

※ゲームレビュー評価について

 

 

※このレビューは4Gamerにもユーザーレビューとして投稿済みです。