Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記。ビットコイン。

FXで多くの人が負ける・勝てない理由

FXでなぜ多くの人が負けてしまうのかという理由について。

 

FXは9割の人間が負ける相場と言われています。

逆に言えば、9割の人が負けてくれないと、1割の勝者達は困るということになります。

 

相場の世界はお金の奪い合いですから、誰かが勝つには誰かが負けている必要がある。

このため、勝ち続けている人たち、特にヘッジファンド等の投資機関は、多くの人が負けやすい相場を作るわけです。

 

要は、有名なテクニカル分析があまり通用しないような相場。

ライントレードだったりブレイクだったり、各種インジケーター。

 

ブレイクして上に行くと見せかけて、一気に崩れるような相場。

 

相場で勝つには、本格的に動き出す前にエントリーしておく必要がありますが、テクニカル分析でエントリーできる頃合いには既に遅すぎるという可能性があります。

最近ではAIが相場を膨大なデータを元に分析し、トレードを行うというものをヘッジファンド等が使っていたりします。

 

上に行くと見せかけて下に行けば損切りで一気に下がりますので、上からショートしている人たちが儲かります。

 

もちろんテクニカル分析が全く効かないわけではありませんが、他のトレーダーより有利な場所からエントリーしなければ勝ち目はありません。

 

MACD移動平均線ストキャスティクスボリンジャーバンド等のインジケーターも、正しく使用してルールに適合したトレードを何百回と繰り返すと、結果的には勝てるという事がわかります。

しかし、人間は感情に左右されるため、誤ったエントリーをしたり、損切りできなかったり、チャンスを逃したりすることで負けが多くなってしまいます。

こういった敗者の心理を逆手に取ることでプロは利益を得ようとするわけですから、多くの人が負けて当然ということになります。