Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記

ドラゴンクエスト11 (ドラクエ11)の真エンディングネタバレと解説

注意。

この記事にはドラゴンクエスト11のネタバレが含まれます。

筆者個人的な観点から言えば、絶対にネタバレを知らずにゲームをクリアしたほうが感動できます。

 

ですがそれでもネタバレを知りたいという人は先に進んでください。

 

 

 

ドラゴンクエスト11 真エンディングのネタバレ

邪神ニズゼルファを倒した主人公たちは平和な日々を過ごします。

そんな中、イシの村にベロニカとセーニャがやってきます。

ベロニカとセーニャは、主人公が勇者の剣(ロトの剣)を持っているのが危なっかしいので、かつてのローシュ達のように剣を世界樹に奉納(封印)しておこうと持ちかけます。

 

主人公は2人とともに世界樹に赴き、剣を封印します。

そこで世界樹から、世界の真実を聞かされます。

 

世界樹は邪神ニズゼルファと戦って敗れた聖竜が形を変えたもので、聖竜はいつの日か邪神を倒せる者が現れることを期待してロトゼタシアの世界を作ったというのが真実でした。

 

もしかしたらいつかは自分(聖竜)も闇に染まってしまう時が来るかもしれない。

その時がきたら新たな勇者が再びロトの剣を手にして闇を振り払ってほしい。

聖竜はそう伝え、勇者の剣を納めた主人公をこう呼びます。「ロトの勇者」と。

 

 

そして時が流れ・・・・・・

 

初代ドラゴンクエストドラクエ1竜王の城が映し出されると同時に、ドラクエ1の主人公が「ロトの剣」を手にする映像が流れます。

 

これがドラゴンクエスト11の真エンディングです。

 

 

また、主人公から勇者の剣の力と勇者の力を受け継いだセニカは、オーブを壊して時を遡り、そして旅の仲間であり恋人である勇者ローシュに再び出会うことができました。

 

 

ドラゴンクエスト11の世界"ロトゼタシア"はドラゴンクエスト1のはるか昔の世界だったというわけです。

そしてローシュや主人公達が作り上げた、勇者の剣が「ロトの剣」であり、これがドラゴンクエストシリーズでも使われているということになります。

 

また、ドラゴンクエスト1のボス「竜王」は、世界樹=聖竜が闇に染まってしまった姿だと言えるのかもしれません。だからドラゴンクエスト2では主人公達に協力する姿を見せたのかも。

 

ドラゴンクエスト11の「過ぎ去りし時」はドラゴンクエスト1~3から見ても「過ぎ去りし時」だったのです。

 ゲームの本当の最後の最後のムービーは、ドラゴンクエスト3の世界。

ローシュの物語と11主人公の伝説が書かれた本が本棚に。そして3の主人公をその母親が起こしにきます。城に行く日だと。