Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記。ビットコイン。

ハルヒが英語の教科書に。 昔ハルヒアニメの英語吹き替えを見まくって英語覚えた

谷川流さんの「涼宮ハルヒの憂鬱」が桐原書店の英語コミュニケーションの教科書に採用されたらしいです。

第1巻の冒頭が掲載されているとか。

おそらく英語版の小説のやつだと思います。

 

rensai.jp

 

 

アニメの英語吹き替え版は英語学習に使える

その昔、筆者は涼宮ハルヒの憂鬱の英語吹き替え版を何度も見ているうちにいつの間にか英語のリスニング力とか英会話のスキルを鍛えることに成功していた覚えがあります。

涼宮ハルヒの憂鬱は英語吹き替えのクオリティが非常に高く、何の違和感もなく見られます。

モノローグと会話の両方が適度にあるのも◎

 

高校3年生くらいならだいたい理解できると思いますが、早口なのと時々スラングを使うので少し難易度は高めかもしれないですね。

 

たぶん全話YouTubeで見られます。


 

とはいえ、最初にこの英語吹き替え版を見た時は英語の勉強などとは微塵も考えておらず、単純に英語バージョンを楽しむつもりだったので、やはり英語の学習は「英語の勉強をしないこと」が一番だと思ってしまう。

動画とか映像作品とか色々見ているうちにいつの間にか英語力がアップしていたくらいが丁度良いです。

 

自分の好きな作品の英語吹き替え版を見るのをおすすめします。

ハルヒ以外にもコードギアスとかフルメタル・パニックとかも英語吹き替え版が楽しかったです。

前提として英語吹き替えのクオリティが高いってことが必要だと思います。

 酷い吹き替えだとたぶん見るのが嫌になる。

The Melancholy of Haruhi Suzumiya (The Haruhi Suzumiya Series)

The Melancholy of Haruhi Suzumiya (The Haruhi Suzumiya Series)

 

 

広告を非表示にする