読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記

けものフレンズで気になった台詞や重要な台詞のメモ

自分用に。けものフレンズで気になった台詞とか。

ジャパリパークの秘密を解くための欠片。

 

1話

かばん「食べないでください」

 

サーバル「あなたこそ、尻尾と耳のないフレンズ?珍しいね」

 

かばん「フレンズ?」

 

かばん「どこから来たか覚えてないんです。気づいたらここにいて」

サーバル「昨日のサンドスターで生まれた子かな」

 

サーバル「まだ周りがキラキラしてるでしょ?」

 

サーバル「何のフレンズか調べるには・・・

鳥の子ならここに羽・・・はない

フードがあれば蛇の子」

 

サーバル「ゆっくりな動き・・・あなたもしかしてナマケモノのフレンズとか?」

 

サーバル「フレンズによって得意な事違うから」

 

サーバル「さっきのセルリアンには注意だよ。ホントはこのへんにはあんまりいないはずなんだけど」

 

サーバル「フレンズの技だよ」

 

カバ「今日はセルリアンが多いからみんな出歩かないのですわ」

 

カバ「ジャパリパークの掟は、自分の力で生きること」 

 

サーバル「さっきのあの声、誰か食べられちゃってるかもしれない」

 

サーバル「石がないよ、どこ?」

 

 

2話

サーバル「初めて声聴いたよ。なんで?ボスって喋れたの?」

 

ボス「君の名前を教えて。君は何が見たい?」

 

ボス「彼女らは動物とその遺物と・・・」

 

ボス(女声)「聞こえますか?こちらサバンナ地方です。」

 

ボス「ジャパリ図書館は森林地方にあるよ」

 

 

3話 

ボス「サンドスターによって、温度、湿度、日差しまでもが変化してるんだ。サンドスターには謎が多く、僕らもまだわからないことだらけだよ」

 

トキ「あなた、今年の噴火で生まれたんですって?」

 

トキ「でも、フレンズの姿だとちょっと勝手が違うみたい。この体ならではの歌い方があるんじゃないかしら」

 

アルパカ「博士に教えてもらったの」

 

アルパカ「来ないね。誰も来ないね。」

 

ボス「除草・・・除草」

 

アルパカ「図書館で作り方教えてもらったの」

 

 

けものフレンズ トキ アクリルキーホルダー

けものフレンズ トキ アクリルキーホルダー

 

 

 

 

 

4話

 

ボス「図書館は砂漠地方を通ればすぐだよ」

 

ボス「フレンズ化の時にその影響があったのかもね」

 

スナネコ「喋るボス、楽しいですね」

 サーバル「でも、かばんちゃんがいないと黙るんだよ」

 

スピーカー「ようこそ地下迷宮へ。君は無事に出口までたどり着けるかな」

 

ツチノコ「クソー。あの扉が閉まると簡単に出られなくなるからわざわざ挟んでおいたのに」

 

ツチノコ「ま、セルリアンに気をつけることだな」

 

ツチノコ「ここは貴重な遺跡だぞ」

 

 

ツチノコ「ここから出られたんだろうが、ここまで溶岩に塞がれていると駄目だな」

 

ツチノコ「これはジャパリコインだ。昔パークで使われていた通貨で」

 

ツチノコ「やっぱりここは人を楽しませるためにわざわざ作られたんだ。たぶん、正式に使われる前に例の異変が起きて、だから地図には載っていなかったんだろう」

 

ボス「どうだった?アトラクションが始まっちゃったから出口から迎えに来たよ」

 

サーバル「私には喋ってくれないんだよ」

ツチノコ「それが普通だ」

 

ボス「いよいよ新アトラクション、地下迷宮のオープンです。動物やフレンズと一緒に迷路で遊べる巨大アトラクションです。」

 

ツチノコ「あいつ・・・絶滅していなかったのか」

 

 

けものフレンズ ジャパリ コインメタルキーホルダー

けものフレンズ ジャパリ コインメタルキーホルダー

 

 

 

 

 

5話

 

ボス「僕とリンクして、半自動運転してるんだ。手動でも運転できるよ」 

 

サーバル「不思議な形だね」

かばん「木ですか?」

ビーバー「おれっちはこれ、家だと思うんスよ」

 

ビーバー「そういえば、前の木のお礼まだだっけ。博士にジャパリ饅3ヶ月分渡さないと。前の家は譲っちゃったっすから。」

 

 ボス「このように動物だった頃の習性から、家を作るフレンズもいるみたいだよ。」

ボス「元と体の形が結構違うから、結構模索があるみたいだね」

ビーバー「おれっちもそうっすよ。本当はもっと小さくて狭い家がいいんすけど。この体とどうしても大きくなっちゃうんすよね」

 

 

アライグマ「お宝が呼んでいるのだ」

 

 

6話

ハシビロコウ「あなた、もしかしてヒト?」

 

 

7話

サーバル「文字?へえ、これ文字っていうんだ」

 

かばん「ラッキーさんしゃべらないんですね」

ボス「アトラクション内だからね。がんばって考えてね」

 

オオコノハズク「ここまでたどり着いた子は初めてです」

 

オオコノハズク「食べ飽きたのです。確かにジャパリ饅は各個体向けに栄養ばっちりでお腹も満たされますが」

 

ワシミミズク「せっかくこの身体になったので、この身体でしか食べられないものを食べたいのです」

 

ワシミミズク「ジャパリ饅の原料を作る畑があるのですよ」

 

オオコノハズク「あなたは・・・ヒトです」

ワシミミズク「ここでだいたいみんな感動するのです」

 

ワシミミズク「このパークにある遺物は全てヒトが作ったとされています」

 

サーバル「ちょっとだけフレンズと似てるね」

オオコノハズク「当然です、我々フレンズは動物がヒト化したものと言われています」

 

ワシミミズク「ヒトはもういないのです。」

オオコノハズク「ヒトはもう絶滅したのです」

 

オオコノハズク「ある日を境にいなくなったのです」

ワシミミズク「ここに住めなかったということか」

オオコノハズク「もしくは私たちの知らないところに今もいるのか」

 

ワシミミズク「今どこにいても手に入らない。ペパプ復活祭のチケット」

サーバル「すっごーい。ペパプが見られるんだ。えっとね、アイドルって言って、歌ったり踊ったりすごいんだって」

 

オオコノハズク「かばん。ヒトの近くにはなぜかセルリアンがよくいたそうです」

 

 

8話 

 

皇帝「知らないのか?パークの周りは全部海なんだぞ?」

 

フンボルト「ヒトってどんな動物なんですか?」

ロイヤル「確か最後港で目撃されたのよね」

かばん「え?そうなんですか?」

ロイヤル「でも相当昔よ?もういないでしょう」

  

9話

ギンギツネ「いつも使ってる装置が動いてないみたいでね」

 

フェネック「というわけで詳しい場所わかんないけど、山に入りたくって」

オオコノハズク「あれは神聖な場所なのです。」

ワシミミズク「入ってはいけないのです」

オオコノハズク「気になるですね。これはもしかすると」

ワシミミズク「もしかして四神の位置がわかるのでは?」

 

キタキツネ「湯の花が多い時ってセルリアンも多いよね」

 

ボス(ミライの声)「セルリアンの調査に来て温泉が見つかるとは」

ボス(ミライの声)「昨日の事件を見るに、セルリアンはサンドスターを奪っている。というか、食べていると考えられます。ですので、万一フレンズさんが食べられた場合、サンドスター由来の技や、個性が消滅、元動物に戻る、消滅してしまうなどありえるのではと。まだ予測の域ですが。

 

サーバル(alt)「ミライさん!見てみて!これって海じゃないの?」

かばん「ミライさん・・・」

サーバル「今の声・・・」

 

 

ギンギツネ「それに、神聖な場所だから入るには博士の許可が」

 

 

ギンギツネ「一応、後でハンターにも連絡しておくわね」

 

 

キタキツネ「服って何?」

かばん「え?これですけど」

サーバル「え!?それって取れるの?私のも」

ギンギツネ「凄い発見だわ」

 

ギンギツネ「そういえば港にさっきのソリの大きいやつがあるらしいわよ」

ギンギツネ「海の上を移動できるんだって」

 

ギンギツネ「ヒトは動かせたって話もあるから、かばんなら動かせるかもね」

 

 

アライグマ「どういう時に生まれるんだっけ」

ペンギン「サンドスターが動物に当たると、フレンズになるんだ」

ペンギン「あるいは動物だったモノとかね」

マーゲイ「ここだけの話、ジャイアントペンギンさんがそのタイプらしいですよ」

 

 

10話

かばん「ミライさんも、ここに来たことがあるんだね」

 

ミライ「今はセルリアン騒ぎで忙しいですが、こうしてちゃんとパーク再開に向けての準備も頑張っていますよ」

 

 

フェネック「というわけで、博士に許可もらったから、その泥棒を追いつつ、お宝に向かってるのさ」

ギンギツネ「興味深いわね。最近のセルリアン騒ぎと関係あるのかしら」

 

 

ミライ「完全退去は大げさですよね。何もそこまで」

サーバル(alt)「私達はともかく、ミライさんたちは隠れたほうがいいよ」

 

サーバル(alt)「かわいい子だよね。それどうなるの?」

ミライ「これはですね、ゆくゆくパークガイドとして」

 

タイリクオオカミ「こういう話を知ってるかい?フレンズ型のセルリアンってのが昔いたらしいんだ」

タイリクオオカミ「本人は自覚がなかったらしいということ。つまり、自分がフレンズだと思っていたら、実は、もしかしてお前もセルリアンなのかも」

 

ミライ「そうだ、どうせ調子が悪いなら、メモ代わりに使いましょう」

ミライ「生き物や生き物だったモノとサンドスターが反応してフレンズが生まれますが、セルリアンは無機物と反応して生まれることがわかってきました」

ミライ「ただ、別の研究でサンドスターが一種類でないのではという話もあり」

 

ミライ「え?最初私が宇宙人だと?」

サーバル(alt)「だって私たち、この島の外にもちほーがあるなんて知らなかったもん。それに飛んで来るんだもん。食べられちゃうって言ってる子もいたよ」

 

かばん「自分がセルリアンだったらか・・・」

 

ミライ「あのセルリアン、大きさもなんですが、削っても削っても自己修復するところで、今週倒せない場合、私達もパークから・・・」

ミライ「正直、もうじきもうちょっと長くこの島にいたかったですね。まさかこんなに早く・・・」

 

サーバル(alt)「ミライさん、早く早く!カラカルがあのおっきいやつ山で見たって。みんなで連携してやっつけちゃおう」

 

かばん「今のってサーバルちゃん?」

サーバル「私、知らないから他の子だと思う。同じ種類のフレンズが生まれることもあるらしいし」

サーバル「あれ・・・あれ・・・おかしいな、早起きしたからかな」

 

かばん「ぼく、海の外に人を探しに行ってみたい」

 

アライグマ「その時確かに見たのだ。黒い影が帽子を持ち去ったのだ」

 

アリツカゲラ「あれ?それってその時生まれたフレンズなんじゃ」

 

 

11話

かばん「セルリアンに食べられたらどうなるんですか?」

キンシコウ「死んでしまうと言い過ぎかもしれませんが」

サーバル「お話できなくなるし、私たちのことも忘れちゃうもんね。でも、なんでセルリアンってこっちに向かってくるんだろう」

キンシコウ「サンドスターを食べてるって話もありますね」

 

キンシコウ「飛び散った破片が動くなんて相当ですね」

サーバル「え?さっきのが破片なの」

ヒグマ「もうひと回りデカイのも倒したことあるぞ」

キンシコウ「砂漠で戦ったやつですか?パークの危機でしたね」

 

ボス「注意!注意!お知らせします。サンドスターローの濃度が高くなっています。大規模な噴出の可能性があります」

 

 

リカオン「やっぱり、大きいだけあって動き鈍いです。これ、サンドスターの供給が追いつかずに自滅するかもですよ」

 

ヒグマ「最初から野生解放でいくぞ。出し惜しむな。まず石まで削る」

 

 

かばん「何かとても怖いのはいつもなんだけど、あれは何か・・・」

 

 

ミライ「巨大セルリアンですが、やはり山から何かしらの供給を受けていました。黒いセルリアンはあの能力があるため、攻撃せずに先に山のフィルターを貼り直す必要があったんです。無事四神を並べたので、私たちはこれから下山します。」

 

ミライ「フレンズの皆さんを避難させてからとはいえ、この島にあんなものを・・・」

ミライ「後日まとめますが、今のところ、いくら攻撃しても山からサンドスターローを吸収すること、太陽の方向に向かっているということ、海を嫌がっていること、などが見て取れます」

ミライ「四神の場所は以前記録した貴重な物の場所そのものでした」

 

サーバル「ちゃんとわかんなかったけど、この山で前に何かあったのかな」

 

 

アライグマ「これはアライさんが最初に見つけたのだ。」

 

アライグマ「これなのだ。これが聴きたかったのだ」

 

ミライ「その場所は火口の中心から東西南北、パンフレットでいうとウの3の交差点がまさに中心点ですね。この像が東の青龍なので、あと3つ埋まっていると考えられます」

ミライ「本当に、サンドスターローの粒子をここでフィルタリングしているとしたら、まさにこの島にとっては宝ですね」

 

ボス「大量のサンドスターローが放出されました。超大型セルリアンの出現が予想されます。パークの非常事態につき、お客様はただちに避難してください。ここからの最短避難経路は日の出港になります。」「お客様の安全を守るのがパークガイドロボットの僕の務めです」

 

ボス「かばんを暫定パークガイドに設定。権限を付与」

 

 

 

ゲーム版の冒頭の文

あなたは忘れてしまうでしょう

ともに過ごした日々と私のことを

私は忘れない。

あなたの声、温もり、笑顔・・・・・・その優しく純粋な心

どれほどの時が経っても・・・・・・

あなたが全てを忘れてしまっても・・・・・・

私は決して忘れない

本当に、ありがとう

いつかまた、きっと私たちは出会えるから

今は、さよなら・・・・・・

 

 

けものフレンズ きゃらいど かばんちゃん&サーバルonジャパリバス

けものフレンズ きゃらいど かばんちゃん&サーバルonジャパリバス