Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記。ビットコイン。

MACDとは何かという簡単な話。【仮想通貨トレード】

インジケーターのMACDについての非常に簡単なお話です。

 

f:id:bettergear:20180204142323j:plain

 

MACDは「マックディー」と読みます。

Moving Average Convergence Divergenceの略で、「移動平均線収束拡散法」という意味です。

使っている人は結構いると思いますし、取引所のチャートで表示されているのを見かける人も多いでしょう。

 

MACDは2本のEMAの乖離

MACD2本の指数平滑移動平均線(EMA)がどちらの方向にどれだけ乖離しているかを示しています。

ほとんどのMACDは12本と26本で設定されていますので、12EMAと26EMAの乖離を知ることができます。

 

EMAは直近の値動きに重点を置いて反映されますから、短期の移動平均線と中期の移動平均線が離れるということは、それだけ大きな値動きがあったということになります。

 

MACDの0の値(ゼロライン)は、2本の移動平均線の乖離がないという事を表しています。

したがって、MACDがゼロラインをクロスするということは、2本のEMAがクロスしたという事を意味しています。

 

シグナルはMACD移動平均

MACDにはもう1本の線があり、シグナルと呼ばれています。

シグナルはMACDの9本単純移動平均線(SMA)です。

価格ではなくMACD移動平均がシグナルです。

 

すなわち、シグナルはMACDよりも遅く反応するので、MACDがシグナルに接近するということは、2本のEMAの乖離がもう広がっていない事を示唆します。

 

また、MACDにはヒストグラムという棒グラフがあります。

ヒストグラムMACDとシグナルの乖離を表しています。

ですので、MACDとシグナルがクロスした地点ではヒストグラムの棒グラフがほぼゼロになっているのがわかると思います。

 

通常、ゼロラインより下でMACDがシグナルをゴールデンクロスすると買いサイン、ゼロラインより上でMACDがシグナルをデッドクロスすると売りサインとされていますが、筆者としてはMACDだけを売買サインとして使うのはおすすめできません。

 

短期と長期の移動平均線ゴールデンクロスデッドクロスは重要な売買サインだとされていますが、実際にクロスした時には既に価格が大きく動いていたという事を経験された人も多いかと思います。

MACDはそういった重要な売買サインを「先読み」するために作られました。

 

他の人が移動平均線と価格のクロスまで待ってからエントリーするよりも先にMACDを使って仕掛ける事ができるというわけです。

 

筆者はマルチタイムフレームのMACDを使い、15分足に1時間足のMACDを表示させ、移動平均線でタイミングを測りながらヒストグラムの転換を見ながらエントリーします。

注意してほしいのは、相場には上位足の大きなトレンドが出ている時もありますから、そういう時にMACDだけを信頼しすぎると痛い目にあいます。 

 

MACDとシグナルがデッドクロスしたのに価格が上がってるじゃないか」という人はMACDが何なのかわかってません。

MACDがシグナルとクロスした時点ではまだ2本のEMAはクロスしていません。

MACDがゼロラインをクロスした時点で初めて移動平均線のクロスが成立します。

 

中期の移動平均線に短期移動平均線が接近したけどクロスせずに反発するというのは、トレンドが出ている時にはよくあることです。

 

MACDの使い方は人により様々で、天井や底を見極めるために使っているという人もいます。

トレンドが出る時にはかなり使えるので研究してみるのも良いでしょう。