Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記

WBC 2017 日本敗れる(日1-2米)

WBC 2017準決勝。

1対2でアメリカ代表が日本代表を破りました。

 

2点しか取られていないが1点しか取れなかったという接戦だったわけですが、メジャーリーグのスター勢揃いのアメリカ代表を相手に日本代表はかなり善戦したと思います。

 

今回、1次ラウンドからリーグC、リーグDの試合も見ていたのですが、日本側のリーグA、リーグBと比べて明らかに全体的なレベルが高かったように思えます。

 

リーグA・Bの2次ラウンドは「日本、キューバ、オランダ、イスラエル」だったのに対して、リーグC・Dの2次ラウンドはメジャーリーガーだらけの「アメリカ、ドミニカ、ベネズエラプエルトリコ」の4カ国。

できれば2次ラウンドでこういったチームと日本が戦って、そこを勝って準決勝に来てほしかったです。

日本代表は今日のアメリカ戦を見ても明らかに高い投手力を有しているわけですが、2次ラウンドでは日本以外は打力はあっても投手力をはそんなでもないというチームが多かった気がします。

 

ドミニカやアメリカ、プエルトリコを見ていると、明らかにオランダやキューバよりも投手力が上でした。155キロくらいのカットボールツーシームを投げてましたし。

ドミニカなんてメジャーの各球団のクローザーで789とつなぐというとんでもなく贅沢なことをやってましたが。

 

2009年の時は2次ラウンドからアメリカで試合をやっていたので選手が現地に慣れてそれが功を奏したのもあるのかもしれませんね。

 

しかし・・・日本がプエルトリコやドミニカと試合をするのを見たかった。

個人的には2次ラウンドのアメリカ対ドミニカの試合が印象的でした。

あのドミニカの打線と投手陣が日本と対戦してほしかったです。

 

できれば次回大会は2次ラウンドで日本が中南米の強豪と対戦できるようにしてほしいなあと思います。

決勝トーナメントは8チームにして、ダブルエリミネーション方式が良い。