Échec Complet

ゲームの話や商品レビュー、日記、雑記

PSO2とコラボ決定!「マブラヴ オルタネイティヴ」をプレイすべき理由

ファンタシースターオンライン2とコラボするようです。

 

そんなマブラヴオルタネイティヴをプレイすべき理由です。

 

f:id:bettergear:20190422170625j:plain

 

まず、マブラヴ

マブラヴ」と「マブラヴ オルタネイティヴ」の2つで1つです。

マブラヴが前編、マブラヴ オルタネイティヴが後編となります。

 

両方合わせると60時間くらいの長さになる大作です。

 

最初は学園モノのギャルゲーとしては始まります。

あらゆる要素の結びつけ方が見事で、伏線がいたるところに散りばめられています。

 

しかし何より、この作品は「世界観設定」と「シナリオ」この2つがずば抜けています。

あまりにも秀逸なため、他作品と比較できません。

進撃の巨人の作者の諫山先生もマブラヴのファンであると公言しています。

 

 

マブラヴ オルタネイティヴオープニングがJAM Projectであることから内容はもうお察しですよね。本当に熱い、それでいて非常に奥が深く、ウィットに富んだ物語構築がされています。

とても論理的でセリフに説得力がある。お涙頂戴はしないですし、泣き言はいともたやすく突き返してくるようなそんなストーリーになっています。

 

また、ゲームが1人称視点であるという特性を活かして、非常に没入感が高いです。常に主人公と共に物語の揺れ動きを体感できる。

 

筆者はこれまでシリーズ通して3回プレイしましたが、1回たりとも飽きることはありませんでした。

まず最初のギャルゲーのマブラヴエクストラからそこらへんの作品よりもギャグのセンスが良いので楽しめます。

オルタネイティヴ編は没頭しすぎてプレイしている時は今が何曜日なのか忘れるくらいでした・・・

 

この作品は今後もアニメ化されることはないと思われます。

先述のように非常に長いですから2クールとかでは絶対に無理です。

また、会話がめちゃくちゃ長いのですが、ゲームだと世界の姿や色々な謎が徐々にわかってくる過程なので楽しいのですが、アニメにはちょっと向いていないほど長い。

ですので、ゲームをやらないとマブラヴは体験できないということになります。

 

 

 

仮想通貨コピートレードの「マネコ」は使わないほうがいい理由

moneco.jp

 

仮想通貨の投資サイトで、いわゆるコピートレードです。

 

実績のあるトレーダーのトレードを同じ注文を自動でしてくれて、それに応じた利益を受け取れるというものです。

コピー元のトレーダーの実績が表示されるので選べる・・・というのが利点となっています。

 

一見良さそうに見えるんですが、おすすめできません。

 

 

昔もFXのコピートレードが流行ったが・・・

昔もFX(外国為替証拠金取引)でコピートレードがたくさん登場しました。

優秀なトレーダーを真似るだけで儲かる・・・というものだったんですが、大きな落とし穴がありました。

 

コピーされる側のトレーダーのメンタルが変化してしまうという点。

トレードは普通は他人に見せません。

「コピーされているから失敗できない」という心理になってしまうことで、本来やらないような場所でエントリーしたり、実績を上げようと必死になって気づいたら大損してたとか、FXのコピートレードではそういうことが多く発生してしまったようです。

結果、コピートレードを利用していた人も全然儲からず、FXのコピートレードは下火になっていき、最近ではほとんど聞かなくなりました。

 

 

プロフィール欄に手法が書かれていない

マネコに登録してあるトレーダーのプロフィールページがあり、利率や通貨ペア等は書かれているのですが、手法やトレードスタイルといった詳しい情報がありません。

デイトレなのかスイングなのかもわからないですし、トレードを真似る事を考えるとあまりにもお粗末です。

 

 

参加者が少ない現在の市場

f:id:bettergear:20190422101737p:plain

上記画像はビットコインボラティリティのチャートです。

本当にボラティリティがない。

最近一度は動きましたけどすぐにボラティリティがなくなりました。

 

要するに、市場の参加者が少ないわけです。

市場の参加者が少ないと、「仕掛け」的な動きで一気に動いた時に大きくやられたりしますし、テクニカルも効きづらくなります。

2017年頃のような簡単な相場ではなくなっています。

  

1万円の値幅を取りに行ったのに5万円やられちゃうとか、そういう事が起きるわけです。

デイトレだと5000円値幅を取るのも結構しんどい。

 

 

もうどこでエントリーしていいのかわからない、全く知識がないという人は、お金を捨てる気持ちで試しに使ってみたらいいと思いますが、そんなにうまい話じゃないというのは知っておいたほうがいい。

過去にFXでコピートレードビジネスは失敗しているという事実も知っておいたほうがいいです。

 

中には鋼の心と卓越したトレード技術で勝ちまくる人もいるかもしれませんが・・・

 

億り人ハイパーニートポインの 仮想通貨1年生の教科書

億り人ハイパーニートポインの 仮想通貨1年生の教科書

 

 

 

「声優ぷらす」ガンダムオリジンの回の洋画の吹き替えが凄かった

NHKの「#声優ぷらす」の最新回で、ガンダムオリジンが特集されていたのですが、番組の終盤で名作海外映画をその場で吹き替えするというコーナーがありました。

 

出演者は、古谷徹福圓美里、喜山茂雄、三宅健太の4名。

 

カサブランカ風と共に去りぬのどちらかの1シーンを即興で吹き替えるというコーナーでした。

 

あまりに完成度が高くて普通に映画の方を見てしまった。

福圓さんとか喜山さんの慣れてる感。吹き替えの場数をこなしてきたんだろうなあと感じさせる完璧な芝居をされていました。

 

永久保存版だったなあ。

こういうのをゴールデンタイムの番組で紹介すべきなんですよ。

吹き替えは本当に声優の実力と経験が出ますねえ。

 

www.nhk.or.jp

映画「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ」 感想

感想ですが、「テレビでやるべき」でした。

 

というのも、今回1時間40分程度の長さなのですが、新しい1年生が入部して心機一転しており、映画の尺では各新キャラクターを掘り下げきれていない印象を受けたからです。

 

原作も前編後編にわかれていますが、アニメ1期が原作小説1冊で13話作ったのに対して、今作は小説2冊分を映画1本にねじこんでいます。

このため、TVアニメ1期にあったゆったりとした時間の流れの良さが失われており、「駆け足感」が否めません。

 

続きを読む